収入を上げていくための工夫

収入を上げていくための工夫

収入を上げていくための工夫

私は最近、収入を少し増やすためにスケジュールを変えました。
私は在宅で仕事をしているので、収入を増やすためには単価を上げるか、仕事の時間を増やす必要があります。

 

単価が上がるかどうかは運のようなものもあるので、まずは仕事の時間を増やすことにしました。
しかし、実際には思うように仕事が捗らないこともあります。

 


出典:専業主婦お金借りる

 

その原因が寝不足や疲労が溜まっている場合もあるのですが、仕事を行う時間帯にも大きく影響しているようです。
私はできるだけ午前9時から午後3時の間は仕事をしないようにしています。

 

しかし、予定がずれてしまうと、午後一から仕事をすることもあります。
今回、久し振りに午後2時から仕事をやったのですが、想像以上に頭が働かずに、時間かかり、かなり作業効率が悪くなってしまいました。

 

そこで、一旦休憩を入れ、少し休んでから再び仕事に取り掛かることにしました。
午後4時頃になってくると、急に頭がハッキリしてきて、仕事がサクサク進むようになりました。

 

私はわざわざ作業効率の悪い時間帯を選んで仕事をしてしまったのかもしれないと思いました。
スペインなどではシエスタという習慣がありますが、これは非常に理にかなっていると改めて思いました。

 

そこで、体内時計が活発に動く時間帯とそうでない時間帯を調べました。
時間を有効活用することは収入にも大きく影響してきます。

 

決められた時間の中で、できるだけ収入を増やしていくためにも、シエスタ的なスケジュールを取り入れようと思っています。

お金を少しでも増やすために

お金は大事です。
毎月の支出が収入を上回らないよう使い過ぎないようにしないといけません。
苦しい時は、アコムでお金借りることもあります。

 

しかしながら、サラリーマンが会社から得ることが出来る給料を増やすことはたやすいことではありません。
本業の給料を大幅にアップすることは困難ですが、昔に比べるとインターネットやモバイル端末の発達により、現金を簡単に手に入れる方法が確実に増えて来ました。

 

まず思いつくものとして、オークションやフリマアプリで不用品を売ることが挙げられます。
過去においては、会社が主に行っていたブランド品や不要な電化製品の買い取り業務の敷居が下がり、個人間で行えるようになっています。

 

これは、売る側にとって収入を増やすことが出来るだけでなく、買う側にとっても新品で製品を買うよりも安く買うことが出来るので、支出を抑えることが出来るのでウィンウィンの関係になっています。

 

個人間売買のリスクとしては、ブランド品は本物か偽物かの鑑定が出来ませんので、高額商品を購入する場合には特に注意が必要です。

 

電化製品等については、不具合があった場合の保証がされない場合が多いので、価格に見合った状態のものかどうかを見極める必要があります。

 

また、近年では「モノ」だけでなく、クラウドソーシングを介して「コト」の売り買いも活発になっています。

 

個人や企業が作業を依頼して、作業完了とともに報酬を得ることが出来ます。

 

専門的な技術を持っている人であれば、より高額な案件で収入を得ることが出来ます。
特化した技能を持ってない人であっても、アンケート等、短時間で行える仕事もあるので初心者でも簡単に始めることが出来ます。

トップへ戻る